仕事の生産性を上げる方法

IT業界は、長時間労働が当たり前といわれ、効率よく仕事を行わないと大変なことになってしまう場合が少なくありません。エンジニアは長時間仕事ができる体力を培うよりも、いかに仕事を効率化して生産性を上げるかを真剣に考える必要があります。

エンジニアが仕事の生産性を上げる方法の一つが、仕事をしている時間当たりの業務量を増やすことです。一つ一つの仕事の処理時間を短くできれば、たくさんのことを達成できることでしょう。そのためにエンジニア自身がやれることとして、ショートカットキーなどを利用してパソコンの作業時間を短縮したり、ドキュメントのフォーマットを固定化して体裁を整える時間を減らすなどの工夫があります。エンジニアは、オフィスソフトの中でも表計算ソフトはよく利用するので、使用頻度が高い操作をショートカットキーとして割り当てておくことも、生産性を上げるのに役立ちます。

仕事の生産性を上げるために、エンジニアは仕事の計画の面でも工夫できます。まず、一日の初めに、どのタスクをこなす必要があるか見極めたうえで、優先順位を決め、順位が高いものを一番集中力が発揮できる時間に行うようにします。そのためには、どのタスクにどれだけの時間を要するか、実際に作業時間を測ってみましょう。なお計画を立てるときは、時間の無駄をなくすように意識することも重要です。時間の無駄がなくなれば、今までよりも多くの時間を仕事に当てることができます。たとえば通勤時間にスマホで勉強するなどの時間の無駄をなくす仕事術を知り、それを参考に効率よく働けるように計画を立てていきましょう。

また、休憩時間をきちんと設けることも、生産性を上げるコツです。適度に休憩することでアイデアやひらめきが生まれることも多いので、創造性ある仕事を行うエンジニアにとって休憩は大切です。